ソフトウェア開発、放送・通信関連技術開発、電子書籍関連開発、ライセンシング事業

►ENGLISH

2009年05月21日

Webパーツ型インターネットテレビソリューション TVlet(ティーブレット)の開発及び提供について

press release
May 21, 2009

株式会社インフォシティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩浪剛太)は、Webパーツ型のインターネットテレビソリューション “TVlet”(ティーブレット) を開発し、2009年6月より提供を開始いたします。
“TVlet”は、高品位映像やライブ映像などの配信・視聴を簡便に実現するインターネットテレビソリューションです。配信映像のホスティング・編成・配信などの配信者側機能から、Webパーツ型の視聴クライアントシステムなどのエンドユーザ向け機能まで、ワンストップで提供いたします。

主な特長は以下のとおりです。

■ Webパーツ型による利用の簡便性と高機能を実現
“TVlet”は、高機能な視聴クライアントをWebパーツとして実現しているため、エンドユーザは専用アプリケーションをPCにインストールすることなく利用することができます。
Webパーツ型であるため、企業のWebサイトなどへの設置が容易で、エンドユーザが自身のblog等に貼ることなども可能です。またデスクトップガジェット型クライアントも選択可能となっています。

■ サービスタイプに応じて多様な配信方式をサポート
“TVlet”は、通常のオンデマンドストリーミング映像サービスに加えて、LIVE/時間編成型映像サービス、高画質ファイル事前配信型サービスなどさまざまなサービスタイプに応じて、C/S型ストリーム配信、P2P型オーバーレイマルチキャスト配信(ShareCast2Plus*1)、P2P型ファイル配信(iGrid*2)など最適な配信方式を組み合わせることができます。

Tvlet

*1 ShareCast:株式会社ビットメディアが2001年より提供しているP2P型オーバーレイマルチキャスト配信技術
*2 iGrid:株式会社インフォシティが開発したBitTorrentプロトコルベースのP2P型ファイル配信技術

■ 映像配信コストの大幅ダウンを実現
“TVlet”は、利用者の急激な増加やコンテンツの高品質化などによって増大する映像配信コストを、P2P型オーバーレイマルチキャスト配信技術・P2P型ファイル配信技術などによって大幅に削減させることができます。
また、クラウドコンピューティング技術を活用することにより常設設備コストなどを抑えることも可能にしています。

■ 多様なファイル形式、品質、及びDRMもサポート
“TVlet”は、FLV、WMVなど多様なフォーマットの映像に対応し、WM DRMによる著作権保護も可能ですので、一般のWebサイトにおける映像広告からblogサイトでの映像表現、有料の映像視聴サービスまでさまざまなビジネスをサポートします。
また、Webサイトに設置した“TVlet”で紹介映像を表示し、そこから“Peece.TV” (映像販売プラットフォーム)による映像コンテンツのファイル販売・レンタル(e-Sell Through、e-Rental)に繋げるサービスを展開することも可能です。

■ SaaS型の提供によって迅速な導入が可能
“TVlet”は、通常のシステム販売に加えて、ソフトウェアサービスとして機能提供を行います(SaaS型の提供)。
配信機能だけでなく、映像のホスティング、編成管理、課金機能、オーバーレイネットワーク管理等も含めてトータルで提供することも可能です。

TVlet画面イメージ

※ “TVlet”は、NHK放送技術研究所主催の「技研公開2009」において、NHK放送技術研究所様との共同研究開発の成果として「P2P技術を用いた生中継」に展示協力しています。
http://www.nhk.or.jp/strl/open2009/

インフォシティは、設立当初より “Digital Media Technology” というコンセプトを掲げ、デジタルネットワークにおけるユーザの快適な利用環境の実現、及びデジタルコンテンツ流通ビジネスの発展のため、さまざまなソフトウェア・サービスを開発・提供しており、今後も本格的なブロードバンドインターネット時代へ向けて、さらに躍進してまいりたいと考えています。

プレスリリース 【PDF】
TVlet Web Site