インフォシティソフトウェア開発事業、放送・通信関連技術開発、電子書籍関連開発、ライセンシング事業

►ENGLISH

2013年10月29日

黒澤明 画コンテ作品集 ~Akira Kurosawa DRAWINGS~

説明
「黒澤明 画コンテ作品集 ~Akira Kurosawa DRAWINGS~」
は黒澤明監督生誕100周年を記念して制作されたiPhone/iPod Touch アプリケーションです。
「影武者」「乱」「夢」「八月の狂詩曲」「まあだだよ」「海は見ていた」の
6タイトル、全75枚の画コンテを高画質解像度にて収録。
各映画の詳細、画コンテの説明、使われた画材、画材のサイズ、などを一枚一枚詳しく紹介。
またスライドショー機能での閲覧も可能です。
黒澤ファンはもとより、黒澤映画をまだ見た事も無い方にも、一つの作品として楽しむ事が出来ます。

今なお世代を超え、国境を超え、映画監督として高い評価を得ている黒澤明ですが、
青年期には画家を志し、18歳で二科展に入選したほどの画才にも恵まれていました。
映画の道に進んだ際、二兎追うものは一兎も得ず、とそれまでに描いた作品をすべて焼却したのですが
映画「影武者」の予算面で製作が暗礁に乗り上げた際、
「せめて、動かぬ画であろうとも、世界中の人たちに見て貰いたいと思った」
と丹念に描き上げたのが、イメージ画ともいえるこれら「画コンテ」です。
その出来栄えに感服したジョージ・ルーカスとフランシス・フォード・コッポラ監督が海外配給を申し出たことにより
製作に漕ぎつけた「影武者」は、見事カンヌ映画祭でパルムドール(グランプリ)を獲得したのでした。

以後、黒澤にとって画コンテは映画製作において欠かせない創作過程のひとつとなり、生涯2000点以上の作品を遺しました。
映画の一コマ一コマが写真のように美しいと評される黒澤映画の原点ともいえる画コンテ
――黒澤が映画に掛けた情熱と、その芸術性をお楽しみください。

“Akira Kurosawa DRAWINGS” is an applicaition for iPhone and iPod touch released for the 100th anniversary of Akira Kurosawa’s birthday, containing high-resolution images of storyboards by Akira Kurosawa from films KAGEMUSHA, RAN, DREAMS, MADADAYO and THE SEA WATCHES, along with materials and sizes of the works as well as details of the films. You can also enjoy the slideshow of the works. Not only the fans of Kuroawa but even those who have never seen any Kurosawa film could enjoy the true beauty of art by Kurosawa.

Transcending generations and borders, Akira Kurosawa’s name continues to shine gloriously in the world of cinema.
Initially, the young Kurosawa aspired to become a painter, and his works were admitted to the prestigious Nika Exhibition at the age of 18.
Realizing he could not wear two hats when deciding to pursue a career in movie production, he resolutely quit painting and burnt all the works he had completed until then.
It was through a series of storyboards Kurosawa managed to transmit the passion and vigor of his vision and win the backing of Francis Ford Coppola and George Lucas when a budget crisis threatened the production of KAGEMUSHA, a Cannes Film Festival Golden Palm.
He took up his paintbrush again to paint the “storyboards” with the pure wish to show “everyone in the world at least the still images, if not the motion picture.”

Thereafter, storyboarding has become one of the key facets of Kurosawa’s film-making and he drew and left over 2,000 storyboards in his lifetime.

Looking at these exquisitely executed storyboards takes us to the origin of Kurosawa’s movies, acclaim reflected in comments like “each frame is as beautiful as a piece of photography.”

We hope you enjoy Kurosawa’s artistry and outpouring passion for film-making.